毛穴パックって使ったことあるでしょうか?

あれ、極力・・・やめたほうがいいです。

どうしても毛穴の黒ずみや、古い角栓が気になる時だけ、スポット的に使う以外は、常用するものではありません。

毛穴 開く いちご鼻.jpg


毛穴パックを駆使すると毛穴はどんどん開く



確かに、毛穴パックを使うと毛穴の汚れがスポッと取れて、取れた汚れを見て

「わ〜、きれいになった」

と喜んでいるだけのような気がします。


もちろん、毛穴の汚れは皮脂ですから、長期間皮脂がそのままになっていると酸化して黒ずんでしまいます。


でも、毛穴の汚れは基本的には洗顔で落とすべきなんです。


毛穴には皮脂が存在するほうが実は正しい



毛穴には、多少は皮脂が存在していて大丈夫。
なぜなら、溜まっている皮脂が、汚れやウイルスやばい菌などの侵入が毛穴に入り込むのを防いでくれているから。

しかし、毛穴パックで奥の方まで皮脂を取ってしまうとばい菌が入りやすくなり、それが元で吹き出物や炎症を起こし、その跡が残る事もあります


それに、毛穴パックを使うと、どうしても必要な皮膚の皮脂まで奪ってしまいます。

皮脂は、皮膚の水分を逃がさないようにバリアの役目も果たしているわけで、そのバリアを取り去ってしまうことで皮膚が乾燥し、皮膚が突っ張っる事で毛穴が広がってしまうわけです。

毛穴が広がれば、余計にでも毛穴が目立つ肌になってしまいます。

毛穴 目立たなく.jpg


使ってもいいが、使用後のケアは重点的に行うこと



とはいえ、2週間に1度くらいなら毛穴パックで汚れを取っても大丈夫です。
毛穴パックが好きな人は2〜3日に1回という頻度で使ってしまう、これが問題なんです。


また、毛穴パックを使った後は、化粧水や美容液を使って、普段よりも念入りに水分補給をしてあげましょう。